001-005869

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

繰り返し予定の終了日以降の日付を終了日に指定してiCalendarに書き出すと、UNTILに日付が出力されない。

種別
不具合
機能
  • スケジュール
再現バージョン
  • 3.5.0
  • 3.5.1
改修バージョン
3.5.2
公開日
2012-06-12
更新日
2012-07-27

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • 時刻指定のある繰り返し予定を登録する。

  • 書き出し終了日に上記の予定の終了日以降を指定して、iCalendarファイルへ書き出す。

 

【準備】

  • 時刻指定のある繰り返し予定を登録します。

    例:
    • 繰り返し条件:毎日
    • 期間:2012年9月25日~2012年9月30日
    • 時刻:10時00分~11時00分

 

【再現手順】

  1. アプリケーション画面にログインし、[個人設定] > [各アプリケーションの設定] > [スケジュール] > [iCalendarファイルへの書き出し]の順にクリックします。

  2. 書き出す期間を次のように設定し、[書き出す]をクリックします。

    書き出し開始日:任意の日付
    書き出し終了日:準備で作成した繰り返し予定の終了日以降を指定する

    例:
    書き出す期間:2012年9月01日~2012年9月30日

 

→現象発生:
 RRULEのUNTIL部分に日付が出力されません。


 例:
 RRULE:FREQ=DAILY;UNTIL=110000;WKST=SU

 

→正しい結果:

 RRULEのUNTIL部分に日付が出力されます。

 例:
 RRULE:FREQ=DAILY;UNTIL=20120930T110000;WKST=SU

 

補足:

  • 通常予定や期間予定の場合は現象が発生しません。

  • 他のアプリケーションで該当のiCalendarファイルを読み込むと、終了日が正しく反映されない場合があります。

 


【回避方法】

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 3.5.2 のガルーン

関連記事