001-005889

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

ユーザー情報をコマンドラインからCSV読み込みすると、読み込んだユーザーのログイン後の表示言語が英語になる場合がある。

種別
不具合
機能
  • システム設定
再現バージョン
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2012-10-15
更新日
2014-12-05

【発生条件】

次の条件のいずれかを満たす場合に発生します。

  • バージョン 2.1.3のガルーンから、バージョン 3.1.0以降のガルーンにバージョンアップする。

  • バージョン 3.1.xのガルーンをコマンドラインで再初期化する。

 

【再現手順】

  1. 発生条件を満たす環境を用意します。

  2. ユーザー1の情報を読み込むCSVファイルを作成します。

    例:
    名前:ユーザー1
    ログイン名:user1
    CSVファイル名:users.csv
    -----------
    "user1","ユーザー1","user1","*","","","","1","","","","","","",""
    -----------

  3. コマンドラインを開きます。

  4. CGI実行ディレクトリーに移動します。

    例:
    Windows:
    IISの場合
    cd C:\Inetpub\scripts\cbgrn

    Windows:
    Apacheの場合
    cd C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\cgi-bin\cbgrn

    Linuxの場合

    cd /var/www/cgi-bin/cbgrn

  5. ユーザー情報のCSVファイルを読み込むコマンドを実行します。

    例:
    バージョン 3.7.5以前のガルーンの場合:
    Windows版の場合
    .\grn_command -f code\command\import_user.csp localfile=users.csv

    Linux版の場合
    ./grn_command -f code/command/import_user.csp localfile=users.csv

    バージョン 4.0.0以降のガルーンの場合:
    Windows版の場合
    .\grn.exe -C -q code\command\import_user.csp localfile=users.csv

    Linux版の場合
    ./grn.cgi -C -q code/command/import_user.csp localfile=users.csv

  6. ユーザー1でログインします。

→現象発生:
 表示言語が英語になります。

 

補足:

  • ロケールを指定したユーザーをCSVファイルで読み込んだ場合は、本現象は発生しません。

    例:
    名前:ユーザー1
    ログイン名:user1
    ロケールコード:0001
    -----------
    "user1","ユーザー1","user1","*","0001","","","1","","","","","","",""
    -----------

【対応方法】

次の操作で表示言語を日本語にします。

  1. アプリケーション画面にログインし、[Personal settings] > [Common settings] > [Localization] > [Locale settings]の順にクリックします。

  2. 「Language」項目を日本語に設定し、[Save]をクリックします。

 

 

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】

2014/12/05 バージョン4.0.0以降のガルーンの場合のコマンドを追記しました。

関連記事