001-005901

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Linux版の現象]バージョン 3.1.0以降へバージョンアップを行なうと、sched.iniの設定が更新されない場合がある。

種別
不具合
機能
  • インストーラー
再現バージョン
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
改修バージョン
3.5.2
公開日
2012-05-25
更新日
2013-10-11

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • Linux版のガルーンを利用している。

  • バージョンアッププログラムを利用しない経路でバージョン 3.1.0以降のガルーンへバージョンアップする。

    補足:
    バージョン 2.5.0以降のバージョンからのバージョンアップが該当します。

 

【準備】

  • バージョン 2.5.0のガルーンをインストールします。

 

【再現手順】

  1. バージョン 3.5.0のガルーンにバージョンアップします。

  2. sched.iniの[Sched]セクションを確認します。

    補足:
    sched.iniは次の場所に配置されています。
    (CGI 実行可能ディレクトリ)/(インストール識別子)/sched.ini

       例:
       Linuxの場合:
       /var/www/cgi-bin/cbgrn/sched.ini

→現象発生:
 「command=grn.cgi」の値のまま更新されません。

 

→正しい結果:
 「command=grn_command」に更新されます。

 

補足:

  • 本件が発生すると、メールの自動受信が正常に動作しなくなります。

  • DB分割版のガルーンでは本現象は再現しません。

【対応方法】

 

「command=grn.cgi」の設定を手動で修正してください。

  1. Webサーバーを停止します。

  2. スケジューリングサービスを停止します。

    【ガルーン 3】よくあるご質問:
    「ガルーン 3」で利用しているサービスの停止/起動はどのように行なうのですか?
    https://faq.cybozu.info/alphascope/cybozu/web/garoon3/Detail.aspx?id=961

  3. sched.iniファイルをテキストエディタで開きます。

  4. [Sched]セクションの「command=grn.cgi」の部分を「command=grn_command」に修正します。

  5. スケジューリングサービスを起動します。

  6. Webサーバーを起動します。

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2013/10/11 「よくあるご質問」のURLを変更しました。
2012/07/27 補足にメールの自動受信が動作しなくなる件を追記しました。
2012/06/29 再現手順2に不要なWindows版の例の記載があったため、削除しました。