001-005907

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

ユーザーアカウント(メールアカウント)を使用停止にすると、ユーザーを削除していないにもかかわらず、「ユーザーアカウントの一括停止」画面に「削除されたユーザー」と表示される。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
改修バージョン
4.2.2
公開日
2012-08-23
更新日
2016-05-27

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • メールサーバーを設定します。

    例:
    メールサーバー1

  • ユーザー1に、メールアカウントを追加します。

    例:
    user1@xxxxx.co.jp

【再現手順】

  1. システム管理画面にログインし、[各アプリケーションの管理] > [メール] > [ユーザーアカウント]の順にクリックします。

  2. ユーザー検索でユーザー1を検索します。

  3. [ユーザー1]をクリックします。

  4. 「user1@xxxxx.co.jp」のチェックボックスを選択し、[使用停止する]をクリックします。

→現象発生:

 ユーザー1を削除していないにもかかわらず、ユーザー名に「(削除されたユーザー)」と表示されます。

 -----------------------

 ユーザー「ユーザー1(削除されたユーザー)」から「1」件のユーザーアカウントを停止します。よろしいですか?

 ------------------------

→正しい結果:

 ユーザー名に「(削除されたユーザー)」と表示されません。
 ------------------------
 ユーザー「ユーザー1」から「1」件のユーザーアカウントを停止します。よろしいですか?
 ------------------------


【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.2のガルーン



------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2016/05/17 タイトルを更新しました。
2016/03/23 詳細を更新しました。

関連記事