001-005918

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

在席情報のステータス設定がない場合に、特定の画面で不要なクエリが実行される場合がある。

種別
不具合
機能
  • アドレス帳
  • ベース
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
改修バージョン
3.5.2
公開日
2012-06-12
更新日
2012-07-27

【準備】

  • 次の画面にてステータスを空に設定します。

    • (システム管理(各アプリケーション))「在席確認 > ステータスの設定」画面

    • (個人設定(各アプリケーション))「在席確認 > ステータスの設定」画面

  • 任意のポータルに「在席情報ポートレット」を追加します。

 

 

【再現手順】

 

  1. ガルーンにログインし、次のいずれかの画面を表示します。

    • 「在席情報ポートレット」を追加したポータル

    • 「グループ週表示 > 在席情報の変更」画面

    • 「ユーザー名簿 > 在席情報の変更」画面

    • (個人設定(各アプリケーション))「在席確認 > ステータスの設定」画面

    • (システム管理(各アプリケーション))「在席確認 > ステータスの設定」画面

 

→現象発生:

 次の不要なクエリが実行される場合があります。

 

 例1:
 ------------------------------------------------------------------
 UPDATE tab_cb_profiledata___system SET col_value='s:0:\"\";' WHERE _id = XXX;
 ------------------------------------------------------------------

 例2:
 ------------------------------------------------------------------
 UPDATE tab_cb_profiledata___pX SET col_value='s:0:\"\";' WHERE _id = XX;
 ------------------------------------------------------------------

 

 

補足:

  • データベースエンジンにてスロークエリログの出力設定をしていると、現象発生時のクエリがslow.logに出力される場合があります。

  • 不要なクエリが実行されることにより、パフォーマンスに影響を与える場合があります。

 


【対応方法】

次の画面にてステータスを空以外に設定します。

  • (システム管理(各アプリケーション))「在席確認 > ステータスの設定」画面

  • (個人設定(各アプリケーション))「在席確認 > ステータスの設定」画面

 

関連記事