001-005921

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Windows版の現象]repair.batを使用して3.5.0へのバージョンアップを完了させると、スケジューリングサービスに誤った実行ファイルのパスが設定される。

種別
不具合
機能
  • インストーラー
再現バージョン
  • 3.5.0
改修バージョン
公開日
2012-08-31
更新日
2013-04-24

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • バージョン 3.1.X以前のバージョンのガルーンをインストールしている。

  • 3.5.0a もしくは 3.5.0b のアーカイブを利用してバージョンアップを行なう。

 

【準備】

  1. バージョン 3.1.X以前のバージョンのガルーンをインストールします。

  2. コマンドプロンプトで次のディレクトリーを開いた状態にしておきます。

    バージョン 2.5.0以降のガルーンの場合: C:\Program Files\Cybozu\mysql-5.0\bin
    バージョン 2.1.3以前のガルーンの場合: C:\Program Files\Cybozu\mysql-4.1\bin

  3. バージョン3.5.0のガルーンのインストーラーを起動し、バージョンアップを実行します。

  4. インストーラーの処理が中止され、次のメッセージが表示されます。

    --------------
    サイボウズ データベースエンジンのアップデートを中止しました。
    アップデートを再開するために、OS を再起動してから、次のプログラムを実行してください。
    ・(ガルーンのインストーラーを配置したディレクトリー)\repair.bat
    --------------

  5. サーバーマシンのOSを再起動します。

  6. バージョン3.5.0のガルーンのインストーラーを配置したディレクトリーに移動します。

  7. repair.bat をダブルクリックし、バージョンアップを完了させます。

【再現手順】

  1. Windowsのスタートメニューから、[管理ツール] > [サービス]の順にクリックします。

  2. 「Cybozu_Scheduling_Service_cbgrn」のプロパティを表示します。

  3. [全般]をクリックします。

→現象発生:
 「実行ファイルのパス」が不正に表示されます。また、「スタートアップの種類」が空欄になります。

 例:
  \SystemRoot\C:\Inetpub\scripts\cbgrn\sched.exe

→正しい結果:

 「実行ファイルのパス」が次のように表示されます。また、「スタートアップの種類」が「自動」で設定されます。

 例:
  C:\Inetpub\scripts\cbgrn\sched.exe

 

補足:

  • 本現象が発生すると、スケジューリングサービスが起動しなくなります。

  • バージョン 3.7.0へのバージョンアップ時には、本現象は発生しません。

【対応方法】

SCコマンドを利用して、「実行ファイルのパス」と「スタートアップの種類」を正常な値に戻します。

  1. コマンドラインを開きます。

  2. 次のコマンドを実行します。

    sc config Cybozu_Scheduling_Service_(インストール識別子) start= auto binPath= (CGIディレクトリ)\sched.exe

    例:
    sc config Cybozu_Scheduling_Service_cbgrn start= auto binPath= C:\Inetpub\scripts\cbgrn\sched.exe

 

補足:

  • オプションの「=」の後ろには半角スペースが必要です。

関連記事