001-005977

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

宛先に差出人が含まれるメッセージを差出人が削除した場合、メッセージの変更権限を持つユーザーで宛先を変更できない。

種別
不具合
機能
  • メッセージ
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2012-10-19
更新日
2012-10-19

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ユーザー1で、宛先がユーザー1とユーザー2(変更と削除を許可)のメッセージを送信します。

    例:
    標題:メッセージA
    宛先:ユーザー1、ユーザー2
    変更/削除の許可:ユーザー2に許可する。

  • ユーザー1で、メッセージAをごみ箱へ移動します。

    補足:
    • 「受信者のフォルダからも完全に削除する」のチェックは入れません。

  • メッセージAをごみ箱から削除します。

【再現手順】

  1. ユーザー2でアプリケーション画面にログインし、[メッセージ] > [受信箱] > [メッセージA] > [宛先を変更する]の順にクリックします。

  2. 差出人(ユーザー1)以外のユーザーを宛先に追加し、[変更する]をクリックします。

→現象発生:
 次のエラーが表示され、宛先を変更できません。
 ---------------------
 エラー (GRN_MSSG_15027)
 宛先を変更できません。

 原因
 差出人は宛先から削除できません。
 ---------------------


本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事