001-006075

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

レポートと関連付けられた予定を含んでスケジュールの一括削除または再初期化を行ってコンバートすると、無関係な予定とレポートが関連付けられる場合がある。

種別
不具合
機能
  • スケジュール
  • マルチレポート
再現バージョン
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.7.0
  • 3.5.5
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2013-02-13
更新日
2013-04-02

【準備】

  • Officeをインストールします。

  • Officeで予定を登録します。

    例:
    予定A
  • バージョン 3.1.0のガルーンをインストールします。

  • ガルーンで予定を登録します。

    例:
    タイトル:予定1
    日時:2012年9月30日

  • 予定1と関連付けたレポートを作成します。

    例:
    レポート1

 
【再現手順】

  1. ガルーンでシステム管理画面にログインし、[各アプリケーションの管理] > [スケジュール] > [スケジュールの一括削除]の順にクリックします。

  2. 準備した予定1を削除対象に含むように削除する期間を指定します。

    例:
    削除する期間:「2012年10月1日」より前の予定

  3. [削除する] > [はい]の順にクリックします。

  4. バージョン 1.0.0のCybozu Garoon 3 data converter for Cybozu Officeを使用して、バージョン 3.1.0のガルーンにコンバートします。

  5. ガルーンでアプリケーション画面にログインし、[マルチレポート] > [レポート1]の順にクリックします。


→現象発生:
 レポート1が無関係な予定(予定A)と関連付けられている場合があります。

 

 

補足:

  • 手順1から手順3で次の操作を行った場合も同様の現象が発生します。

    1. ガルーンでシステム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [アプリケーション] > [アプリケーション一覧]の順にクリックします。

    2. 「スケジュール」欄で、[再初期化] > [OK]の順にクリックします。

    ※上記の再初期化の方法で現象が発生した後、新たに予定の登録を行うと、
        予定との関連付けを削除したレポート(「関連する予定」欄に閲覧権限がない旨が表示されるレポート)が登録した予定と自動で関連付けされてしまう場合があります。

  • バージョン 2.0.0以降のCybozu Garoon 3 data converter for Cybozu Officeを使用して、バージョン 3.5.0のガルーンにコンバートした場合も同様の現象が発生します。

 


【回避方法】

 

次のどちらかの方法で回避できます。

  • 予定を個別に削除する。

  • 不要な「予定とレポートの関連付け」を一括で削除する。

    ※レポートとの関連付けを一括で削除する場合は、内部データの変更が必要です。お手数ですが、オフィシャル パートナー、または弊社テクニカルサポートにお問い合わせください。

【対応方法】

 

予定とレポートの関連付けを個別に削除します。

     

    ------------------------------------------------------------
    【更新履歴】
    2013/04/02 補足を更新しました。
    2013/02/19 補足を追記しました。