001-006086

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Windows XP上で動作するInternet Explorer 8の現象]スペースでファイル一括添付の機能を利用すると、日本語入力ができなくなる場合がある。

種別
不具合
機能
  • スペース
再現バージョン
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
改修バージョン
3.7.0
公開日
2013-02-19
更新日
2013-05-31

【準備】

    • システム管理画面で「ファイル一括添付」を使用する設定にします。

    • アプリケーション画面でスペースを作成します。

      例:
        スペースA

        • スペースAにディスカッションを追加します。

          例:
            ディスカッションA


                【再現手順】

                1. アプリケーション画面にログインし、[スペース] > [スペースA] > [ディスカッションA]の順にクリックします。

                2. コメント欄で[選択する]をクリックし、任意の添付ファイルを選択します。

                3. コメント欄に任意の日本語の文字列を入力します。

                →現象発生:
                日本語入力の切り替えが効かなくなり、日本語が入力できません。

                補足:

                • 共有ToDoの詳細画面でも、同様の現象が発生します。

                本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

                次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

                • バージョン 3.7.0のガルーン

                関連記事

                関連ワード

                browser_ie