001-006131

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Linux版の現象]ガルーン 3.5 Service Pack 3のインストーラーを実行すると、一部のログがinstall_sp.logに出力されない。

種別
不具合
機能
  • インストーラー
再現バージョン
  • 3.5.3
改修バージョン
3.5.4
公開日
2012-12-14
更新日
2013-01-25

【再現手順】

  1. バージョン 3.5.0のガルーンをインストールします。

  2. Service Pack 3のインストーラーを実行します。

  3. インストールログを確認します。

    補足:

    • インストールログは、次のディレクトリーおよびファイル名で出力されます。
      (インストーラーを実行したディレクトリー)/install_sp.log

→現象発生:
 インストールログに次の内容が出力されません。

  • インストーラーが判定したサーバーOS
  • インストール時に選択した言語
  • rootユーザーがインストーラーを実行したことを確認するメッセージ

    例:
    ------------------
    detected OS: Linux
    chosen language: ja
    root test passed!
    ------------------

 補足:

  • 本現象が発生しても、ガルーン本体の動作に影響はありません。
  •  インストール実行時に、次のエラーメッセージが表示される場合があります。
     ------------------
     grn-3.5-sp3-linux.bin: line 38: time_log: command not found
     grn-3.5-sp3-linux.bin: line 112: time_log: command not found
     grn-3.5-sp3-linux.bin: line 126: time_log: command not found
     ------------------

【回避方法】

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 3.5.4 のガルーン

関連記事