001-006188

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Windows版の現象]メモリリークにより、スケジューリングサービスが停止する場合がある。

種別
不具合
機能
  • 全般
  • ベース
再現バージョン
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
改修バージョン
3.7.0
公開日
2013-03-29
更新日
2013-10-11

【再現手順】

  1. データベースエンジンを起動します。

    【ガルーン 3】よくあるご質問:
    「ガルーン 3」で利用しているサービスの停止/起動はどのように行なうのですか?
    https://faq.cybozu.info/alphascope/cybozu/web/garoon3/Detail.aspx?id=961

  2. スケジューリングサービスを起動します。

  3. スケジューリングサービスを数日起動したままの状態にします。

    補足:
    sched.exeのメモリ使用量が増え続けます。


→現象発生:

 メモリを確保できなくなったタイミングで、スケジューリングサービスが停止します。

 

補足:

  • スケジューリングサービスが停止する際に、メモリは解放されます。

  • 現象発生時から60秒後に、スケジューリングサービスは再起動します。
  • 現象が発生すると、sched.logに次のようなログが出力されます。
    ----------
    13/01/15 06:00:01(13/01/14 21:00:01 UTC) [3496] [E]: common.ini [C:\Inetpub\scripts\cbgrn\common.ini] not found.
    ----------

    スケジューリングサービスのログファイルは次のディレクトリにあります。
    (CGIインストールディレクトリ)/sched.log
  • スケジューリングサービス停止前はメモリ使用量が増え、同サーバー上の他のアプリケーションにも影響を与える可能性があります。

  • スケジューリングサービスによって実行されるタスクについては、次のマニュアルを参照してください。

    管理者マニュアル 第4.5版 「5.1 バックアップとリストア(スケジューリングサービスの機能)」

  • 次の環境で現象が発生することを確認しています。

------------------------------------------------------------------------------

不具合発生環境

  • サーバーマシン
    Windows Server 2008 R2 Standard (64bit)

  • マシンスペック
    CPU: Quad-Core AMD Opteron(tm) Processor 2384 2.70 GHz
    メモリー: 4GB

------------------------------------------------------------------------------


【回避方法】

 

スケジューリングサービスが動作しない時間帯で、定期的にサービスの再起動を行います。

 

補足:

  • スケジューリングサービスの開始時刻については、次のマニュアルを参照してください。

    管理者マニュアル 第4.5版 「5.1 バックアップとリストア(スケジューリングサービスの機能)」

 

【対応方法】

 

「回避方法」と同じ手順です。

 

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2013/10/11 「よくあるご質問」のURLを変更しました。

関連記事