001-006278

パッケージ版 Garoon

オープン統合認証 ver.2で設定している有効時間を経過しても、ログアウト状態にならない。

           
種別
不具合
機能
  • 認証
再現バージョン
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
改修バージョン
4.6.2
公開日
2013-07-16
更新日
2018-02-23

【準備】

  • オープン統合認証 ver.2を利用できる製品をインストールします。

    例:
    バージョン 8.0.0以降のデヂエ

  • Garoonと準備1点目でインストールした製品に、同一のユーザーを追加します。

    例:
    ———–
    名前:ユーザー1
    ログイン名:user1
    ———–

  • Garoonと準備1点目でインストールした製品で、オープン統合認証 ver.2を利用してシングルサインオンできるように設定します。

    例:
    ———–
    有効時間:10分
    ———–

    補足:

 

【再現手順】

  1. ユーザー1で、Garoonにログインします。

  2. シングルサインオンを利用して、準備1点目でインストールした製品にログインします。

    例:
    デヂエ

  3. 設定した有効時間が経過するまで待ちます。

    例:
    10分

  4. Garoonにアクセスします。

→現象発生:
 有効時間を経過しても、Garoonからログアウトした状態になりません。

 

→正しい結果:
 Garoonからログアウトした状態になります。


【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.6.2のGaroon

 

 

-------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2018/01/12 準備を更新しました。

関連記事