016-006356

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Linux版の現象]バージョンアップ時のインストール済み製品の選択で、項目選択が正常に動作しない場合がある。

種別
不具合
機能
  • インストーラー
再現バージョン
  • 5.0.0
  • 5.0.1
改修バージョン
5.0.4
公開日
2013-05-02
更新日
2013-05-02

【準備】

  • メールワイズ 3、またはメールワイズ 4を、メールワイズ 5で自動検出できないCGIディレクトリにインストールします。

    例:
    /tmp/aaa/cgi-bin

 

【再現手順】

  1. メールワイズ 5のインストーラを起動します。

  2. 「インストール識別子の設定」画面まで進めます。

  3. 準備でインストールしたメールワイズ 3、またはメールワイズ 4と同じ識別子を設定します。

  4. 「CGIディレクトリの設定」画面まで進めます。

  5. 準備でインストールしたメールワイズ 3、またはメールワイズ 4と同じCGIディレクトリを設定します。

  6. 「データの上書き確認」でキーボードの[Y][N][Q]以外のキーをクリックし、[Enter]をクリックします。

 

→現象発生:

 バージョンアップ時のインストール済み製品の選択で、項目選択が正常に動作しない場合があります。

 

補足:

  • 手順6の「データの上書き確認」に戻らず、次の「操作の選択」画面へと処理が進められます。

  • 処理を進めた後、インストール済み製品のチェックが行われる画面が別途存在するため、バージョンアップは完了せずデータが不正な状態になる可能性はありません。

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。

  • バージョン 5.0.4 のメールワイズ

関連記事