001-006430

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

CGI実行可能ディレクトリー以外のディレクトリーで、ログをアーカイブするスクリプト(archive_log.csp)を実行すると、保存期間を過ぎてもアーカイブが削除されない。

種別
不具合
機能
  • ロギング
再現バージョン
  • 3.7.0
  • 3.7.1
改修バージョン
3.7.2
公開日
2013-04-24
更新日
2013-10-25

【準備】

  • サーバーの日付を2013年6月1日に設定し、ガルーンでログが出力される操作を行います。

    例:
    ログイン、ログアウト など

  • システム管理画面で、ロギングのアーカイブの保存期間を1年に設定します。

  • サーバーの日付を2013年9月1日に設定し、ログをアーカイブします。

    例:
    log20130601.xlsx

    補足:
    ログをアーカイブする手順は、管理者マニュアルを参照してください。

    管理者マニュアル
    http://manual.cybozu.co.jp/garoon3/#02

  • サーバーの日付を2014年9月2日に設定します。

 

【再現手順】

  1. コマンドラインを開きます。

  2. CGI実行ディレクトリー以外のディレクトリーに移動します。

    例:
    Windowsの場合
    cd C:\Inetpub\scripts

    Linuxの場合
    cd /var/www/cgi-bin
     
  3. ロギングのログをアーカイブするコマンドを実行します。

    例:
    Windowsの場合
    cbgrn\grn_command -f cbgrn\code\command\archive_log.csp

    Linuxの場合
    cbgrn/grn_command -f cbgrn/code/command/archive_log.csp

  4. システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [ロギング] > [ログ一覧] > [アーカイブの一覧を表示する]の順にクリックします。

  5. 「ログが出力された年」を「2013」にして、[検索する]をクリックします。

 

→現象発生:
 ログファイル「log20130601.xlsx」が削除されません。

 

→正しい結果:
 アーカイブの保存期間が1年に設定されているので、ログファイル「log20130601.xlsx」は削除されます。

 

補足:

  • スケジューリングサービスでログをアーカイブする場合は、本現象は発生しません。

【対応方法】

 

CGI実行ディレクトリーに移動して、ロギングのログをアーカイブするコマンドを実行します。

  1. コマンドラインを開きます。

  2. CGI実行ディレクトリーに移動します。

    例:
    Windowsの場合
    cd C:\Inetpub\scripts\cbgrn

    Linuxの場合:
    cd /var/www/cgi-bin/cbgrn
     

  3. ロギングのログをアーカイブするコマンドを実行します。

    例:
    Windowsの場合:
    .\grn_command -f code\command\archive_log.csp

    Linuxの場合:
    ./grn_command -f code/command/archive_log.csp

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】

2013/10/22 タイトルを一部変更しました。

2013/06/18 再現バージョンを修正しました。

    関連記事