001-006444

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

API「MessageConfirmThreads」を使用してメッセージの閲覧状況を確認状態にしたときの、レスポンスの内容が不正になる。

種別
不具合
機能
  • SOAP API
再現バージョン
  • 3.7.0
  • 3.7.1
改修バージョン
3.7.2
公開日
2013-04-24
更新日
2013-10-25

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    名前:ユーザー1(uid = 2)
    ログイン名:user1

  • 「閲覧状況を確認する」設定をONにしたメッセージをユーザー1で受信します。

    例:
    メッセージ1(mid=3)

 

【再現手順】

  1. API「MessageConfirmThreads」を使用して、メッセージの閲覧状況を確認状態にします。

    APIリクエスト例:
    ----------------------
    <parameters>
    <thread_id >3</thread_id>
    </parameters>
    ----------------------

 

→現象発生:
 レスポンスの「confirmed=」の値が「"false"」となります。

 APIレスポンス例:
 ----------------------
 <returns>
 <thread id="3" version="1366247721" confirm="true" subject="メッセージ1" is_draft="false">
 <addressee user_id="2" name="user1" deleted="false" confirmed="false" />
 <content body="本文"></content>
 <folder id="2" />
 <folder id="3" />
 <creator user_id="2" name="user1" date="2013-04-18T01:15:21Z" />
 <modifier user_id="2" name="user1" date="2013-04-18T01:15:21Z" />
 </thread>
 </returns>    
 ----------------------

→正しい結果:
 レスポンスの「confirmed=」の値が「"true"」となります。

 

補足:

  • メッセージの閲覧状況は正常に動作します。(確認状態になります。)

【回避方法】

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 3.7.2 のガルーン

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2013/06/18 再現バージョンを修正しました。

関連記事