017-006449

KUNAI for Android

関心あり
0人の方が関心を示しています。

メッセージの宛先に削除されたユーザーが存在すると、シンク実行時にKUNAIが終了する場合がある。

種別
不具合
機能
  • メッセージ
再現バージョン
  • 2.0.7
  • 2.1.0
改修バージョン
2.1.1
公開日
2013-09-09
更新日
2013-11-22

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • シンク先製品がバージョン 2.5.4のガルーンである。
  • 次の条件のどちらかを満たす。
    • 自分が送信した閲覧状況確認付きのメッセージの宛先に、削除されたユーザーが存在する。

    • 受信した閲覧状況確認付きのメッセージで、自分より前の宛先に削除されたユーザーが存在する。

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2
    • ユーザー3
  • ユーザー1で、次の宛先順で閲覧状況確認付きのメッセージを送信します。

    例:
    標題:メッセージ1
    宛先:ユーザー2、ユーザー3
  • ユーザー1で、ユーザー2を削除します。

【再現手順】

  1. ユーザー1でKUNAIにログインし、シンクを実行します。

→現象発生:
 次のメッセージが表示され、KUNAIが終了します。
 -------------------------
 問題が発生したため、KUNAIを終了します。
 -------------------------

補足:

  • 手順1でユーザー3でKUNAIにログインし、シンクを実行した場合も同様の現象が発生します。
  • 受信した閲覧状況確認付きのメッセージで自分より後の宛先に削除されたユーザーが存在する場合は、シンクは完了しますが通知一覧でメッセージをタップすると同様の現象が発生します。

【回避方法】


次のどちらかの方法で回避できます。

  • メッセージ1を、「受信箱」、「送信箱」、「下書き」以外の任意で追加したフォルダに移動し、KUNAIをシンクします。
  • 次の操作でメッセージの宛先を変更し、KUNAIをシンクします。

    1. メッセージ1で、[宛先を変更する] > [変更する]の順にクリックします。

関連記事