001-006455

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

DB分割構成で、「通知」と「ユーザーの個人設定」のユーザーIDを指定せずにインストールすると、マスターデータベースサーバーにデータが保存される。

種別
不具合
機能
  • インストーラー
再現バージョン
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.1.0
  • 3.5.0
  • 3.7.0
  • 4.0.0
  • 4.2.0
  • 4.6.0
  • 4.10.0
  • 5.0.0
  • 5.5.0
改修バージョン
公開日
2013-06-26
更新日
2015-11-27

【再現手順】

  1. データベースサーバーを2台用意します。

    例:
    • データベースサーバー1(DB1)
    • データベースサーバー2(DB2)

  2. setting.iniで、「mysql_notification_host」と「mysql_profile_host」をデータベースサーバー2に保存するよう指定します。
    このとき、ユーザーIDの範囲を指定しない形式にします。

    例:
    -----------------------
    mysql_notification_host = DB2
    mysql_profile_host = DB2
    -----------------------

  3. Garoonをインストールします。

 

→現象発生:
 「通知」と「ユーザーの個人設定」のデータが、マスターデータベースサーバー(データベースサーバー1)に保存されます。


【回避方法】

 

setting.iniで「mysql_notification_host」と「mysql_profile_host」のデータ保存先を設定する場合は、ユーザーIDを指定してください。

例:
-----------------------
mysql_notification_host1- = DB2
mysql_profile_host1- = DB2
-----------------------

 

補足:

  • 「通知」と「ユーザーの個人設定」のテーブルはデータベースサーバー1とデータベースサーバー2の両方に作成され、保存先はデータベースサーバー2になります。

関連記事