001-006500

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「予定の確認」画面で、日送りまたは週送りをすると、JavaScriptエラーが発生する。

種別
不具合
機能
  • スケジュール
再現バージョン
  • 3.7.0
  • 3.7.1
改修バージョン
3.7.2
公開日
2013-06-26
更新日
2013-10-25

【再現手順】

  1. アプリケーション画面にログインし、[スケジュール] > [予定を調整する]の順にクリックします。

  2. 任意の内容を入力し、[条件を入力する>>]をクリックします。

  3. 「時間候補」項目を指定し、他項目は任意の内容を入力します。

  4. [空き時間を検索する>>]をクリックします。

  5. 「日時候補」項目の[前後の予定を表示する]をクリックします。

  6. 「予定の確認」画面で、翌日ボタンをクリックします。

→現象発生:
 JavaScriptエラーが発生します。
 また、翌日ボタンをクリックしても、日付の移動ができません。

補足:

  • 週送りをした場合も同様の現象が発生します。

【回避方法】

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 3.7.2 のガルーン

関連記事