001-006639

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

DB分割構成のガルーンで、宛先や参加者などに大量のユーザーを設定しようとすると、エラーが発生し、操作を続行できない場合がある。

種別
不具合
機能
  • スペース
  • スケジュール
  • メッセージ
  • ワークフロー
  • マルチレポート
再現バージョン
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
改修バージョン
4.0.0
公開日
2014-02-07
更新日
2014-12-19

【準備】

  • バージョン 3.7.0のガルーンを、DB分割構成で構築します。

  • 組織を追加します。

    例:
    組織1

  • 組織1に数百人程度のユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー数:500人

 

【再現手順】

  1. アプリケーション画面にログインし、[スペース] > [スペースを作成する]の順にクリックします。

  2. 「全組織から選択する」をクリックし、[組織1]をクリックします。

  3. 所属している500人のユーザーを候補として選択し、[適用する]をクリックします。

  4. スペース名を入力し、[作成する]をクリックします。

→現象発生:
 次のエラーが発生し、スペースを作成できません。
 ----------------------------
 
エラー (GRN_SPACE_00003)
 指定されたアイコンは存在しません。

 原因
 アイコンの指定が誤っているか、アイコンが削除されています。
 ----------------------------


 

補足:

  • 次のアプリケーションでも、同様の現象が発生する場合があります。

    スケジュール:

    • 予定の登録:
      参加者の人数が多い場合、一部のユーザーが予定に登録されません。

    • 予定の変更:
      参加者の人数が多い予定で、予定の変更を行った場合、画面が遷移せず変更されません。

    • 予定の調整:
      参加者の人数が多い場合、一部のユーザーが「予定の調整(条件の入力)」画面に表示されず、空き時間検索ができません。

    メッセージ:

    • メッセージの作成:
      宛先の人数が多い場合、エラー(GRN_MSSG_15012)が発生し、メッセージが送信できません。


    ワークフロー:

    • 申請の作成:
      処理者の人数が多い場合、エラー(GRN_WRKF_25000)が発生し、申請の作成ができません。

    マルチレポート:

    • レポートの作成:
      参加者の人数や参加者以外の通知先の人数が多い場合、エラー (GRN_RPRT_31000)が発生し、レポートが作成できません。

     

  • 現象が発生する人数はご利用の環境によって異なります。

【対応方法】

mod_php.iniの「PHP」セクションに「max_input_vars = 50000」を追記することで、各アプリケーションの操作ができるようになる場合があります。

  1. すべてのサーバーマシンのWebサーバーを停止します。

  2. スケジューリングサービスを停止します。

  3. スレーブデータベースサーバーで、データベースエンジンを停止します。

  4. マスターデータベースサーバーで、データベースエンジンを停止します。

  5. 全てのアプリケーションサーバーで、mod_php.iniの「PHP」セクションに「max_input_vars = 50000」を追記します。

    修正前:
    ---------------
    [PHP]

    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ; Language Options ;
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    (省略)
    ---------------

    修正後:
    ---------------
    [PHP]
    max_input_vars = 50000

    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ; Language Options ;
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    (省略)
    --------------

  6. マスターデータベースサーバーで、データベースエンジンを起動します。

  7. スレーブデータベースサーバーで、データベースエンジンを起動します。

  8. スケジューリングサービスを起動します。

  9. すべてのサーバーマシンのWebサーバーを起動します。

 

補足:

  • mod_php.iniは、インストール設定ファイル(setting.ini)の「script_dir」セクションに記述したディレクトリーに保存されています。

    例:
    /usr/local/cybozu/cbgrn/mod_php.ini

 

 

 

------------------------------------------------------------

【更新履歴】
2014/02/14 タイトル及び補足の一部を更新しました。
2014/12/19 タイトルを更新しました。

関連記事