001-006641

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

バージョン 2.1.3のガルーンからバージョンアップすると、アクセス権のあるすべてのユーザーが施設予約を変更できるようになる。

種別
不具合
機能
  • スケジュール
  • システム設定
再現バージョン
  • 2.5.0
  • 2.5.1
  • 2.5.2
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2013-06-17
更新日
2013-06-17

【準備】

  • バージョン 2.1.3のガルーンをインストールします。

  • システム管理画面の施設予約の設定で、「予約者のみ変更可能」の「設定する」にチェックを入れます。

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • 施設を追加します。

    例:
    施設1

  • ユーザー1で、参加者が「ユーザー1」、施設が「施設1」の予定を登録します。

    例:
    タイトル:予定1
    施設:施設1
    参加者:ユーザー1

 

【再現手順】

  1. バージョン 2.5.0以降のガルーンへバージョンアップします。

  2. ユーザー2でアプリケーション画面にログインし、[スケジュール]をクリックします。

  3. ユーザー1の予定を表示し、「予定1」の詳細画面を確認します。

 

→現象発生:
 [変更する][削除する][この予定に参加する]のリンクが有効になり、施設の予約者以外も予約を変更できます。


    【対応方法】

     

    システム管理画面で、再度「予約を変更可能なユーザー」欄の設定を行います。

    1. システム管理画面にログインし、[各アプリケーションの管理] > [スケジュール] > [施設予約の設定]の順にクリックします。

    2. 「施設1」を選択します。

    3. 「予約を変更可能なユーザー」欄の、「予約者のみ」をチェックし、[設定する]をクリックします。

     

    補足:

    • バージョン 2.5.Xの場合は、手順1のあとに手順3を実施してください。

      関連記事