001-006672

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

個人設定でロケールまたは拠点の変更を許可しない設定にしても、カスタマイズ済みのロケールや拠点が設定される。

種別
不具合
機能
  • 個人設定
再現バージョン
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2013-11-25
更新日
2013-11-25

【準備】

  • ロケールを追加します。

    例:
    ロケール名:ロケール1
    言語:日本語

  • ユーザーを追加し、ロケールを設定します。

    例:
    名前:ユーザー1
    ロケール:ロケール1

【再現手順】

  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[個人設定] > [共通設定] > [ローカライズ] > [ロケールの設定]の順にクリックします。

  2. ロケール1の項目を変更しカスタマイズ済みにして、[設定する]をクリックします。

    例:
    ロケール名:ロケール1(customized)
    言語:English

    補足:
    ユーザー1のロケールはロケール1(customized)が設定された状態になります。

  3. システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [ローカライズ] > [一般設定]の順にクリックします。

  4. 個人設定で「ロケールの変更を許可する」のチェックを外します。

  5. ユーザー1でログインします。

→現象発生:
 個人設定でロケールの変更ができない設定にしても、ロケール1(customized)が設定されたままになります。

 

補足:

  • システム設定で拠点の変更を許可しない設定にした場合、拠点でも同様の現象が発生します。

【対応方法】

ロケールを解除後、元のロケールを再設定すると、カスタマイズ済みのロケールが解除されます。

  1. システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [ユーザー] > [組織/ユーザーの設定]の順にクリックします。

  2. 現象が発生しているユーザーの詳細画面を表示し、[変更する]をクリックします。

  3. 「ユーザー情報の変更」画面で、ロケールを解除し[変更する]をクリックします。

  4. 再度「ユーザー情報の変更」画面を表示し、元のロケールを設定します。

関連記事