014-006991

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

レコードの検索を行うと、最初に表示する画面の[デフォルト設定]で設定したソートで表示されない場合がある。

種別
不具合
機能
  • カスタムアプリ
再現バージョン
  • 9.2.0
  • 9.2.1
  • 9.3.0
  • 9.3.1
  • 9.3.2
  • 9.3.3
改修バージョン
10.0.0
公開日
2013-10-03
更新日
2013-10-09

【発生条件】


次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • 最初に表示する画面の[デフォルト設定]に、カテゴリ形式の「ビュー(一覧)」を設定している。

  • 最初に表示する画面の[デフォルト設定]に、任意のソートを設定している。

【準備】

  • カスタムアプリを追加します。

    例:
    アプリ1
  • アプリ1に項目を追加します。

    例:
    • 項目1
    • 項目2
  • アプリ1にレコードを登録します。

    例:
    項目1:値1
    項目2:値2
  • アプリ1に、カテゴリ形式の「ビュー(一覧)」を追加します。

    例:
    ビュー名:ビュー1
    表示形式:カテゴリ形式
    カテゴリになる項目:項目1
    表示する項目:項目2
  • アプリ1に、ソートを追加します。

    例:
    ソート名:ソート1
    ソート条件1:項目1
    ソート条件2:項目2
  • 最初に表示する画面の[デフォルト設定]で、次の設定を行います。

    例:
    対象:[デフォルト設定]
    ソート:ソート1
    ビュー(一覧):ビュー1

【再現手順】

  1. [カスタムアプリ] > [アプリ1]の順にクリックします。

  2. レコード一覧が「ビュー1」および「ソート1」で表示されていることを確認します。

  3. 簡易検索のテキストボックスに次の文字列を入力し、[レコード検索]をクリックします。

    例:
    検索文字列:値

→現象発生:
 「ソート1」ではなく、準備で追加した「ビュー1」でカテゴリになる項目に指定した「項目1」でソートされます。

補足:

  • 詳細検索を実行した場合も、同様の現象が発生します。

【回避方法】


次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 10.0.0のサイボウズ Office 

関連記事