001-007200

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

メールを移動または削除すると、ログの重要情報に、メールアカウントの変更を示すログが出力される。

種別
不具合
機能
  • メール
  • ロギング
再現バージョン
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
改修バージョン
4.2.6
公開日
2014-03-27
更新日
2017-05-26

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • ユーザー1にメールアカウントを追加します。

  • ロギングで、メールの「重要情報」のログを出力する設定にします。

    例:
    ----------------------
    対象カテゴリ:メール
    深刻度:重要情報
    出力先:データベースログ
    ----------------------

    補足:
    • (システム管理画面)「ロギング > ログ一覧 > ログの設定」画面で設定します。

  • ユーザー1でメールのフォルダを追加します。

    例:
    フォルダ1

  • ユーザー1でメールを受信します。

    例:
    メール1

 

【再現手順】

  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[メール]をクリックします。

  2. メール1のチェックボックスを選択します。

  3. [移動] > [フォルダ1]の順にクリックし、メール1をフォルダ1に移動します。

  4. システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [ロギング] > [ログ一覧] > [メール]の順にクリックします。

→現象発生:
 メール1のフォルダ1への移動を示すログと同時に、メールアカウントの変更を示すログが出力されます。

  • メール1のフォルダ1への移動を示すログ

    例:
    [move] mail (mid:XX, account_id:XX, folder_id:XX, source_folder_id:XX)

  • メールアカウントの変更を示すログ

    例:
     [account.modify] account_code = XX, account_name = XX, mail_server = XX, email = XX, retrieve_account = XX, retrieve_save = XX, smtp_account = XX, disabled = XX (id: XX)

 

補足:

  • [account.modify]ログは、バージョン 2.1.3以前のガルーンでメールアカウントを変更したときに出力されるログです。
    不具合によりログが出力されますが、メールアカウントの変更は行なわれていません。

  • 手順3で、メール1をフォルダ1以外のフォルダに移動した場合も、同様の現象が発生します。

  • 次の操作でも同様の現象が発生します。
    • 移動したメールを元に戻す
    • ドラッグアンドドロップでメールを別のフォルダに移動する
    • API「MailMoveMailsToOtherFolder」を使用して、メールを別のフォルダに移動する
    • メールを他のアカウントに移動する
    • メールを削除する(ごみ箱から削除する場合は、現象は発生しません。)

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.2.6のガルーン

 

-------------------------------------------------------------
【更新履歴】

2017/04/24 タイトルを更新しました。

2017/03/30 詳細を更新しました。