014-007840

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Windows版の現象]Office 10.0.0からOffice 10.0.1にバージョンアップすると、利用を制限していたアプリケーションが一律利用できてしまう。

種別
不具合
機能
  • インストーラー
  • バージョンアップ
再現バージョン
  • 10.0.1
改修バージョン
10.0.2
公開日
2013-11-15
更新日
2013-12-06

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • Windows環境に、バージョン 10.0.0のサイボウズ Officeをインストールする。

  • バージョン 10.0.0のサイボウズ Officeの「使用するアプリケーション」画面でアプリケーションの利用を1つ以上制限する。

  • バージョン 10.0.0のサイボウズ Officeからバージョン 10.0.1のサイボウズ Officeにバージョンアップする。

 

【再現手順】

  1. バージョン 10.0.0のサイボウズ Officeをインストールします。

  2. [システム設定] > [詳細設定] > [使用するアプリケーション]の順にクリックします。

  3. 任意のアプリケーションのチェックボックスの選択を外し、[設定する]をクリックします。

    例:
    • 電話メモ(在席確認)
    • タイムカード

  4. バージョン 10.0.1のサイボウズ Officeにバージョンアップします。


→現象発生:

 手順3のアプリケーションの利用制限の設定が破棄され、一律利用できるようになってしまっています。

 

補足:

  • バージョンアップ後、システム設定の「使用するアプリケーションの設定」画面では、すべてのアプリケーションのチェックボックスが選択された状態になります。

  • 次の画面では、本現象は発生しません。

    • (システム設定)「モバイル > 使用するアプリケーション(ケータイ)」画面

    • (システム設定)「モバイル > 使用するアプリケーション(KUNAI)」画面

    • (システム設定)「個人に許可するアプリケーションの設定」画面

【回避方法】


次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 10.0.2のサイボウズ Office

 

補足:

  • バージョン 10.0.1のサイボウズ Officeで本現象が発生している場合、
    バージョン 10.0.2のサイボウズ Officeにバージョンアップしても、現象は改善されません。
    「対応方法」の手順を行ってください。

 

【対応方法】

 

バージョン 10.0.1のサイボウズ Officeにバージョンアップ後、再度アプリケーションの利用制限を設定します。

関連記事