014-007867

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

レコードデータを書き出したXMLファイルやRSS通知の出力内容が空になる。

種別
不具合
機能
  • カスタムアプリ
再現バージョン
  • 10.0.0
  • 10.0.1
改修バージョン
10.0.2
公開日
2013-11-15
更新日
2013-12-06

【準備】

  • カスタムアプリで、アプリを追加します。

    例:
    アプリ1

  • アプリ1の運用管理の「メニューの設定」画面で、ツールメニュー欄の表示するメニューに「XML書き出し」を追加します。

 

【再現手順】

  1. [カスタムアプリ] > [アプリ1] > [その他の操作] > [XMLファイルに書き出す]の順にクリックします。

  2. 書き出したXMLファイルを保存します。

 

→現象発生:

 保存したXMLファイルのサイズが0バイトとなります。

 

 

補足:

  • 準備でツールメニュー欄の表示するメニューに「RSS一覧」を追加した場合、次のような現象が発生します。

    1. アプリ1の運用管理の「メニューの設定」画面で、ツールメニュー欄の表示するメニューに「RSS一覧」を追加します。

    2. アプリ1の運用管理の「RSS通知の設定」画面で、RSS通知を追加します。

    3. [カスタムアプリ] > [アプリ1] > [その他の操作] > [RSS一覧]の順にクリックします。

    4. 追加したRSS通知の[RSS]をクリックします。

    5. RSS通知の出力内容が空で表示されます。

      Internet Explorerの場合:
      RSSの出力内容が表示されず、「フィードコードのエラー」画面で次のメッセージが表示されます。
      -------
      Internet Explorerではこのフィードを表示できません
      このフィードにはコード上のエラーが含まれています。
      -------

      Mozilla Firefox、Microsoft Edgeの場合:
      RSSの出力内容が表示されず、保存したRSSの出力ファイルのサイズが0バイトとなります。

      Google Chromeの場合:
      RSSの出力内容が表示されず、真っ白の画面が表示されます。

      Safariの場合:
      Safari 6以降、RSS表示機能が廃止されているため、RSSを利用できません。

      補足:
      次のメッセージが表示されます。
      -------
      RSSリーダーがインストールされていません。

      SafariではRSS配信を表示できないため、“(RSSの出力ファイルのURL)”を開けません。
      RSSアプリケーションはMac App Storeで検索できます。
      -------

【回避方法】


次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 10.0.2のサイボウズ Office

関連記事