001-007903

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

メールの自動受信がユーザーデータを削除されていないユーザーで実行される。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
改修バージョン
4.2.1
公開日
2014-05-19
更新日
2015-08-19

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2(システム管理者)

  • ユーザー1のユーザーIDを確認します。

    例:
    ユーザー1(uid=10)

    補足:
    • ユーザーID(uid)とは、ユーザーを識別するために割り当てられた数字です。

    • ユーザーIDは、次の画面のURLで確認できます。

      • 「システム管理(基本システム) > ユーザー > 組織/ユーザーの設定 > ユーザーの詳細」画面

  • ユーザー1に、メールアカウントを登録します。

  • メールで任意の時間に自動受信を設定します。

    例:
    自動受信の指定時間:13:00 UTC:(04:00)

【再現手順】

  1. ユーザー2で、システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [ユーザー] > [組織/ユーザーの設定]の順にクリックします。

  2. ユーザー1を検索し、[ユーザー1] > [削除する] > [はい]の順にクリックします。

    補足:
    • ユーザー1のデータは削除されていない状態にします。

      次の操作でユーザーデータの削除状況を確認できます。

      1. [基本システムの管理] > [ユーザー] > [ユーザーデータの削除時間の設定]の順にクリックします。

      2. データを削除するユーザーで、 「ユーザー1」が表示されていることを確認します。

  3. メールの自動受信が実行される時間まで待ちます。

  4. mail_auto_receive.logを確認します。

    Windows版
    (CGI インストールディレクトリ)\(識別子)\mail_auto_receive.log

    Linux版
    (CGI インストールディレクトリ)/(識別子)/mail_auto_receive.log

→現象発生:
 削除されたユーザーで、メールの自動受信が実行されています。

 例:
 ---------------
 Received data for user (ユーザーID)
 Fri, 01 Aug 2014 13:00:01 +0900
 ---------------

補足:

  • mail_auto_receive.logは、メールの自動受信の実行履歴が記録されるログです。

  • ガルーン上でメールの自動受信が実行されますが、
    削除されたユーザーに関するメールデータはメールサーバーからガルーンへ取り込まれません。

【回避方法】

削除するユーザーのデータを完全に削除します。

  1. [基本システムの管理] > [ユーザー] > [ユーザーデータの削除時間の設定]の順にクリックします。

  2. データを削除するユーザーで、対象のユーザーを選択し[削除する] > [はい]をクリックします。

    補足:
    ユーザーデータの削除はアクセスの少ない時間帯に行ってください。

 

【対応方法】

「回避方法」と同じ手順です。

 

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】

2015/08/19 再現バージョンの更新、および改修バージョンから「4.0.0」を削除しました。
2014/06/04 補足を追記しました。

関連記事