016-007915

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

担当者の自動設定で、前回の担当者ではないユーザーが設定される場合がある。

種別
不具合
機能
  • 受信時の自動設定
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.0.4
  • 4.0.5
  • 4.0.6
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.4
  • 5.0.5
  • 5.0.6
  • 5.1.0
  • 5.1.1
改修バージョン
5.1.2
公開日
2014-01-06
更新日
2014-02-07

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • 顧客が会社に所属している。

  • 「会社のデータベースID」の数値が、「その会社に所属する顧客のデータベースID」の数値と同じかそれ以上である。

 

    【準備】

    1. ユーザーを追加します。

      例:
      • ユーザー1
      • ユーザー2

    2. メールアプリケーションを追加します。

      例:
      メールアプリケーション1

    3. 「運用管理 > 担当者の自動設定 > 基本設定の変更」画面で「前回の担当者を、メール受信時に自動でメールの担当者にする」設定にします。

    4. アドレス帳で、会社を登録します。

      例:
      会社名:会社1
      会社のデータベースID:3(dbid=3)

      補足:

    5. 会社1に所属する顧客を登録します。

      例:
      名前:顧客1
      顧客のデータベースID(dbid=1)
      所属する会社:会社1

      名前:顧客2
      顧客のデータベースID(dbid=2)
      所属する会社:会社1

      補足:
    6. メールアプリケーション1で、差出人が顧客1のメールを受信します。

      例:
      件名:メール1
      差出人:顧客1

    7. メール1の担当者にユーザー1を設定します。

    8. メール1に返信します。

    9. メールアプリケーション1で、差出人が顧客2のメールを受信します。

      例:
      件名:メール2
      差出人:顧客2

    10. メール2の担当者にユーザー2を設定します。

    11. メール2に返信します。

    12. 顧客1の履歴一覧で、メール1の担当者がユーザー1になっていることを確認します。

    13. 顧客1で、メール1に返信し、メールアプリケーション1で受信します。

      例:
      件名:Re: メール1
      差出人:顧客1

     

    【再現手順】

    1. [メールアプリケーション1] > [Re: メール1]の順にクリックします。

    →現象発生:
     前回の担当者(ユーザー1)ではない、別のユーザー(ユーザー2)が自動設定されています。

     例:
     担当者:ユーザー2/前回:ユーザー2


    【回避方法】


    次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

    • バージョン 5.1.2 のメールワイズ 

    関連記事