001-008011

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[Internet Explorer 10/11とMicrosoft Edgeの現象]書式編集で表を挿入し余白をクリックすると、カーソルの動きが不正になる場合がある。

種別
不具合
機能
  • 書式編集
再現バージョン
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
改修バージョン
4.10.0
公開日
2014-07-11
更新日
2018-10-19

【再現手順】

  1. アプリケーション画面にログインし、[メッセージ] > [メッセージを送る]の順にクリックします。

  2. 本文で「書式編集」を選択します

  3. 「表を挿入」アイコンをクリックします

  4. 本文の入力欄の余白部分をクリックします。

→現象発生:
 Internet Explorer 10の場合
 文字入力カーソルが消える場合があります。

 Internet Explorer 11、Microsoft Edgeの場合
 文字入力カーソルの位置が、表の左上のセルや表の上に移動する場合があります。

 

補足:

  • 本現象は、書式編集の機能があるすべての画面で発生する可能性があります。

  • Internet Explorer 11は、バージョン 3.7.3以降のガルーンで動作環境としています。バージョン 3.7.2以前のガルーンでは、書式編集を利用できません。

  • Microsoft Edgeは、バージョン 4.2.0以降のガルーンで動作環境としています。

【回避方法】

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
  • バージョン 4.10.0のGaroon


-------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2016/12/21 タイトルを更新しました。

関連ワード

browser_ie,IE11,browser_edge