001-008037

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「アプリケーション一覧」画面でKUNAIを再初期化すると、サーバー上の添付ファイルディレクトリーに「kunai」という不要なディレクトリーが作成される。

種別
不具合
機能
  • システム設定
再現バージョン
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
改修バージョン
4.0.0
公開日
2014-08-18
更新日
2015-11-27

【再現手順】

  1. システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [アプリケーション] > [アプリケーション一覧]の順にクリックします。

  2. kunai項目にて、[再初期化] > [OK]の順にクリックします。

  3. ガルーンをインストールしたサーバーで添付ファイルデータの保存ディレクトリーに移動し、サブディレクトリーを確認します。

    補足:
    添付ファイルディレクトリーは次の場所に配置されています。

    Windows版:
    (インストールディレクトリー)¥mysql-5.0¥files¥(インストール識別子)

    Linux版:
    (インストールディレクトリー)/mysql-5.0/files/(インストール識別子)


→現象発生:
 「kunai」という不要なディレクトリーが作成されます。

 

補足:

  • バージョン 4.2.0のガルーンで、
    インストールやバージョンアップ時に、サーバー上に作成される添付ファイルディレクトリーに関する仕様変更を行いました。
    バージョン 4.2.0のガルーンでの仕様動作は、次の通りです。

    • インストールやバージョンアップ時に「kunai」というディレクトリーが作成されます。

      補足:
      • 手順2を実施していない場合でも、「kunai」というディレクトリーが作成されます。

【対応方法】

 

「kunai」ディレクトリーを削除します。

 

補足:

  • ガルーンは本不具合によって作成された「kunai」ディレクトリーを使用しません。
    このため、このディレクトリーが残った状態でも問題ありません。

 

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】

2015/11/27 補足を追記しました。

関連記事