001-008043

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

送信メールの文字コードに「日本語(JIS)」を選択すると、エンコード形式がBase64になる。

種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
改修バージョン
3.7.4
公開日
2014-04-04
更新日
2014-05-30

【準備】

  • ユーザーを作成します。

    例:
    ユーザー1
    ユーザー2

  • ユーザー1の送信メールの文字コードを「日本語(JIS)」に設定します。

    補足:
    「個人設定(各アプリケーション) > メール > 一般設定」で設定します。

  • ユーザー1でユーザー2にメールを送信します。

    例:
    --------------
    標題:メール1
    --------------

【再現手順】

  1. ユーザー2でアプリケーション画面にログインし、[メール] > [受信箱] > [メール1]の順にクリックします。

  2. [オプション▼] > [ソースの表示]をクリックし、ソースをダウンロードします。

  3. ソースの内容を確認します。

→現象発生:
 エンコード形式が「Base64」になっています。
 ------------
 Content-Transfer-Encoding: base64
 ------------

→正しい結果:
 エンコード形式が「7bit」になっています。
 ------------
 Content-Transfer-Encoding: 7bit
 ------------


    【回避方法】

    次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

    • バージョン 3.7.4 のガルーン

    関連記事