001-008048

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

バージョン 3.7.0のガルーンにバージョンアップすると、文字コードの設定が引き継がれない場合がある。

種別
不具合
機能
  • メール
  • 個人設定
再現バージョン
  • 3.7.0
改修バージョン
公開日
2014-07-25
更新日
2014-11-07

【準備】

  • バージョン 3.7.0以前のガルーンをインストールします。

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • ユーザー1で、送信メールの文字コードを「日本語(JIS)」以外に設定します。

  • ユーザー1で、送信メールの文字コードを再度「日本語(JIS)」に設定します。

    補足:

    • 初期設定の「日本語(JIS)」のままでバージョンアップした場合、本現象は発生しません。

    • 送信メールの文字コードは次の画面で設定します。
      「個人設定(各アプリケーション) > メール > 一般設定」画面

【再現手順】

  1. バージョン 3.7.0のガルーンにバージョンアップします。

  2. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[個人設定] > [各アプリケーションの設定] > [メール] > [一般設定]の順にクリックします。

→現象発生:
 送信メールの文字コードが「(自動選択)」になっています。

 

補足:

  • 「個人設定(共通) > ローカライズ > 一般設定」画面で「メール通知の文字コード」を設定した場合も、同様の現象が発生します。

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2014/11/07 再現バージョンを修正しました。

関連記事