016-008116

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

書式編集のハイパーリンクに「有」などの特定の文字を含むURLを指定すると、詳細画面でのリンク先が不正となる。

種別
不具合
機能
  • リンク
再現バージョン
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.4
  • 5.0.5
  • 5.0.6
  • 5.1.0
  • 5.1.1
  • 5.1.2
  • 5.1.3
  • 5.1.4
  • 5.2.0
改修バージョン
5.2.1
公開日
2014-03-20
更新日
2014-08-08

【発生条件】

次の条件を満たす場合に発生します。

  • URLの末尾の文字をUnicodeに変換した時の下位1バイトが
    「0x20, 0x0a, 0x0d, 0x09, 0x0c, 0x0b」のいずれかである。

    例:
    「有」の文字コード:0x6709

【準備】

  • メールアプリケーションを追加します。

    例:
    メールアプリケーション1

 

【再現手順】

  1. [メールアプリケーション1] > [メールを作成する]の順にクリックします。

  2. 本文のテキスト入力欄で「書式編集」を選択します。

  3. 任意の文字列に、「発生条件」を満たすハイパーリンクを設定します。

    例:
    件名:メール1
    本文:本文1
    URL:\\test\共有(URLの末尾の文字が「有」)

  4. [送信する] > [送信する]の順にクリックします。

  5. [メールアプリケーション1] > [送信メール] > [メール1]の順にクリックします。

  6. [本文1]をクリックします。

 

→現象発生:
 リンク先が「\\test\共」といった不正なURLとなり、アクセスできません。

 

 例:

 file://test/共

 

補足:

  • すべてのアプリケーションの書式編集可能なテキストエリアで、同様の現象が発生します。

【回避方法】


次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 5.2.1 のメールワイズ

関連記事