004-008200

リモートサービス

関心あり
0人の方が関心を示しています。

セッション固定の脆弱性

種別
脆弱性
機能
  • 全般
再現バージョン
  • 2.1.2以下
  • 2.2.0
  • 2.2.1
  • 2.2.2
  • 2.3.0
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.1.0
改修バージョン
3.1.1
公開日
2014-04-11
更新日
2014-04-11

攻撃者にこの脆弱性を利用された場合、リモートサービスマネージャーの登録ユーザーになりすまされる可能性があります。
結果として、リモートサービスマネージャーの登録情報の漏えいや改ざんなどの可能性があります。

 

脆弱性の基本評価:

  • 攻撃前の認証要否(Au):不要(攻撃前に認証(ログイン等)が不要である)
  • 機密性への影響(C):部分的(一部の機密情報が参照可能である)
  • 完全性への影響(I):部分的(一部の情報が改ざん可能である)
  • 可用性への影響(A):なし

 

補足:


【回避方法】

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 3.1.1のリモートサービス

関連記事