014-008217

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「承認(誰か1人)」の経路の処理者に「(省略)」が指定されていると、その経路以降の承認や決裁ができない。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 10.1.0
改修バージョン
10.1.2
公開日
2014-04-14
更新日
2014-06-16

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2
    • ユーザー3

  • 承認経路に「承認(誰か1人)」を含む、申請フォームを追加します。

    例:
    申請フォーム名:申請フォーム1
    経路種別:
    • 承認(誰か1人)
    • 決裁

  • ユーザー1で申請フォーム1を利用して、申請を作成します。

    例:
    標題:申請1
    承認(誰か1人):(省略)
    決裁:ユーザー2

    補足:
    • 「承認(誰か1人)」の経路の処理者に「(省略)」を指定します。

 

【再現手順】

  1. ユーザー2でログインし、[ワークフロー] > [最新一覧] > [申請フォーム1(申請1)]の順にクリックします。

→現象発生:

 [この申請を決裁する]が表示されず、申請1を決裁できません。

 

補足:

  • 「承認(誰か1人)」の経路の後に、承認経路がある場合も[この申請を承認する]が表示されず、申請1を承認できない現象が発生します。

【回避方法】

 

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 10.1.2 のサイボウズ Office

【対応方法】

 

次の操作で、申請1を取り消した後、再利用して申請します。

  1. 申請者(ユーザー1)でログインし、[ワークフロー] > [送信一覧] > [申請フォーム1(申請1)]の順にクリックします。

  2. [申請を取り消す] > [取り消す]の順にクリックし、申請1を取り消します。

  3. [ワークフロー] > [送信一覧] > [申請フォーム1(申請1)] > [再利用する] > [次に、経路を設定する]の順にクリックします。

  4. 「承認(誰か1人)」の経路の処理者に、任意のユーザーを指定します。

    例:
    変更前:(省略)
    変更後:ユーザー3

  5. [次に、内容を確認する] > [申請する]の順にクリックします。

関連記事