016-008231

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

閲覧アクセス権のみを持つユーザーがアドレス帳やテンプレートの画面を表示すると、検索ボタンや検索のテキストボックスの表示位置が不正になる。

種別
不具合
機能
  • 画面表示
  • アドレス帳
  • テンプレート
  • 過去データの退避
  • アクセス権
再現バージョン
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.4
  • 5.0.5
  • 5.0.6
  • 5.1.0
  • 5.1.1
  • 5.1.2
  • 5.1.3
  • 5.1.4
改修バージョン
5.2.0
公開日
2014-05-09
更新日
2014-06-06

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • システム設定で「アドレス帳」(または「テンプレート」)のアクセス権を、ユーザー1が閲覧アクセス権のみになるように設定します。

    例:
    • 閲覧アクセス権:ユーザー1
    • 編集アクセス権:(なし)
    • 削除アクセス権:(なし)
    • 送信アクセス権:(なし)
    • ファイル出力アクセス権:(なし)

 

【再現手順】

  1. ユーザー1でログインし、[アドレス帳](または[テンプレート])をクリックします。


→現象発生:

 「アドレス帳」画面を表示した場合
  [アドレス帳検索]ボタンや、検索対象のドロップダウンリスト、検索のテキストボックスの表示位置が不正になっています。

 

 「テンプレート」画面を表示した場合

  検索のテキストボックスの表示位置が不正になっています。

 

補足:

  • 画面の右寄りではなく、左寄りに表示されています。

  • メールアプリケーションで、「過去データの退避」を行ったことがある場合、
    閲覧アクセス権のみを持つユーザーがメールアプリケーション画面を表示すると、次の現象が発生します。

    • [過去のデータ▼]ボタンの左に不要な区切り線がある

【回避方法】


次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 5.2.0 のメールワイズ

関連記事