001-008266

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

リンク集のカテゴリのセキュリティモデルを、CSVファイルの読み込みで変更すると、設定対象のユーザーが初期化されない。

種別
不具合
機能
  • リンク集
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2016-10-11
更新日
2016-10-11

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • リンク集にカテゴリを追加します。

    例:
    ----------------------
    タイトル:カテゴリ1
    カテゴリコード:code1
    ----------------------
  • ユーザー1がカテゴリ1を閲覧できないよう、「カテゴリ1」に対するアクセス権を設定します。

    例:
    ----------------------
    セキュリティモデル: REVOKE(制限の対象を選択する)
    対象:ユーザー1
    アクセス権:閲覧権限なし
    ----------------------

  • リンク集のアクセス権を読み込むCSVファイルを作成します。

    例:
    CSVファイル名:sharedlink_access.csv
    ------------------------------
    "カテゴリコード","設定項目","設定値","設定対象"
    "ROOT_CATEGORY","security_model","revoke"
    "code1","security_model","grant"
    ------------------------------

 

【再現手順】

  1. システム管理画面にログインし、[各アプリケーションの管理] > [リンク集] > [アクセス権の読み込み]の順にクリックします。

  2. sharedlink_access.csvを選択し、読み込みます。

  3. [各アプリケーションの管理] > [アクセス権の設定] > [カテゴリ1] > [設定する]の順にクリックします。

→現象発生:
 アクセス権の設定対象のユーザーに「ユーザー1」が残ります。

 

→正しい結果:
 セキュリティモデルを変更した場合、設定対象のユーザーは初期化されます。


本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事