001-008273

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

レポート閲覧時のタイムゾーンがレポート作成時のタイムゾーンより西にある場合、レポートの「日付」項目に、設定した日の前日が表示される。

種別
その他の制限事項
機能
  • マルチレポート
再現バージョン
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
改修バージョン
公開日
2016-08-15
更新日
2019-12-09

【発生条件】

次の条件を満たす場合に発生します。

  • ポートを閲覧するユーザーのタイムゾーンが、レポート作成時のタイムゾーンより西にある。

【準備】
  • タイムゾーンを設定したユーザーを追加します。

    例:
    ------------
    ユーザー1:(UTC+9:00) 東京
    ------------

  • マルチレポートのカテゴリを追加します。

    例:
    カテゴリ1

  • カテゴリ1に、レポートフォームを追加します。

    例:
    レポートフォーム1

  • レポートフォーム1に、「日付」項目を追加します。

    例:
    ------------
    タイプ:日付
    項目名:項目1
    ------------

  • レポートフォーム1を有効にします。

  • ユーザー1でレポートフォーム1を使用し、レポートを作成します。

    例:
    -----------
    レポートフォーム:レポートフォーム1
    標題:レポート1
    作成者:ユーザー1
    参加者:ユーザー1
    項目1:2016年7月1日
    -----------


【再現手順】

  1. ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、[マルチレポート] > [受信一覧] > [レポート1]の順にクリックします。

  2. レポート1の「日付」項目の内容を確認します。

    例:
    -----------
    項目1:2016年7月1日
    -----------

  3. [個人設定] > [共通設定] > [ローカライズ] > [ロケールの設定]の順にクリックします。

  4. タイムゾーンを変更し、[設定する]をクリックします。

    例:
    -----------
    変更前:(UTC+9:00) 東京
    変更後:(UTC+8:00) シンガポール
    -----------

    補足:
    • レポート作成時のタイムゾーンより、西のタイムゾーンになるように設定します。

  5. [マルチレポート] > [受信一覧] > [レポート1]の順にクリックします。

→現象発生:
 レポート1の「日付」項目に、設定した日の前日が表示されます。

 例:
 -----------
 項目1:2016年6月30日
 -----------

→正しい結果:
 レポート1の「日付」項目に、設定した日が表示されます。

 例:
 -----------
 項目1:2016年7月1日
 -----------


【回避方法】

準備4点目で「日付」項目の代わりに、「文字列(1行)」または「文字列(複数行)」項目を追加して日付を設定します。


-------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2019/12/09 種別と回避方法を更新しました。

関連記事