001-008290

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[CyVDB-519][CVE-2014-0224]OpenSSLの脆弱性

種別
脆弱性
機能
  • 全般
再現バージョン
  • 2.5.3
  • 2.5.4
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
改修バージョン
3.7.5
公開日
2014-06-27
更新日
2014-08-08

攻撃者にこの脆弱性を利用された場合、サーバーとクライアント間のSSL/TLS通信が解読されたり、改ざんされたりする可能性があります。
(ガルーン上のOpenSSLは、クライアントとしての処理のみ行ないます。)

補足:

  • JVN iPedia(脆弱性対策情報データベース)公開情報は次のとおりです。

    JVNDB-2014-000048
    OpenSSL における Change Cipher Spec メッセージの処理に脆弱性
    http://jvndb.jvn.jp/ja/contents/2014/JVNDB-2014-000048.html

  • OpenSSL Security Advisoryは次のとおりです。

    OpenSSL Security Advisory [05 Jun 2014]
    http://www.openssl.org/news/secadv_20140605.txt

  • 本脆弱性のCVE識別番号は「CVE-2014-0224」です。
    2014年に検出された「CVE-2014-0160(Heartbleed)」とは異なる内容ですのでご注意ください。

【回避方法】

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 3.7.5のガルーン

 

    関連記事