016-008316

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

メールスペースの試用期間が終了していると、ライセンスの有効期限内でも、ヘッダーに歯車アイコンが表示されない。

種別
不具合
機能
  • ライセンス
再現バージョン
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.4
  • 5.0.5
  • 5.0.6
  • 5.1.0
  • 5.1.1
  • 5.1.2
  • 5.1.3
  • 5.1.4
  • 5.2.0
  • 5.2.1
  • 5.3.0
  • 5.3.2
  • 5.4.0
  • 5.4.1
  • 5.4.5
  • 5.4.6
  • 5.4.7
改修バージョン
公開日
2015-07-02
更新日
2015-07-02

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    ユーザー1

  • ライセンスキーを登録します。

    例:
    • メールスペースに「メールスペースライセンス」は登録せず、メールスペースは「試用中」の状態にします。

  • システム設定の「ライセンスキーの設定」画面で、ライセンス有効期限とメールスペースの試用期間を確認します。

    例:
    -------
    ライセンス有効期限:2015年12月31日
    メールスペースのライセンス:試用中(2015/6/30まで)
    -------

  • システム設定の「システム管理者の登録」画面で、「システム管理者になるユーザーを制限する」を選択し、ユーザーを指定します。

    例:
    ユーザー1


【再現手順】

  1. メールワイズをインストールしたサーバーの日付を、メールスペースの試用期間終了後、かつ、ライセンスの有効期限内の日付に変更します。

    例:
    • 2015年7月1日に変更

  2. ユーザー1でログインし、次のエラーが発生することを確認します。
    -------
    エラー番号:22123
    ユーザー1さんがアクセス可能なメールスペースがありません。
    システム管理者にシステムの閲覧アクセス権についてお問い合わせ下さい。

    または、メールスペースの試用期間が終了している可能性があります。
    ライセンスの設定を確認ください。
    -------

  3. ヘッダーを確認します。

→現象発生:

 システム管理者であるにもかかわらず、ヘッダーに「システム設定」画面にアクセスするための歯車アイコンが表示されません。


【対応方法】

システム管理者もシステム管理パスワードも制限していない場合、システム管理パスワードのみで制限している場合、またはシステム管理者のみで制限している場合:
  • 次の操作を行います。

    1. Webブラウザーのアドレスバーに、システム設定画面のURLを直接入力します。

    2. システム設定画面にアクセスし、ログインします。

 

システム管理者とシステム管理パスワードを制限している場合:

  • 本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

    補足:
    • Webブラウザーのアドレスバーに、システム設定画面のURLを直接入力しても「システム管理用パスワードの入力」画面と「ログイン」画面の表示が繰り返され、「システム設定」画面にアクセスできません。

関連記事