016-008321

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

フォルダの使用を停止すると、「未分類」フォルダ以外のメールがCSVファイルへ書き出されない。

種別
不具合
機能
  • ファイル入出力
再現バージョン
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.0.4
  • 4.0.5
  • 4.0.6
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.4
  • 5.0.5
  • 5.0.6
  • 5.1.0
  • 5.1.1
  • 5.1.2
  • 5.1.3
  • 5.1.4
  • 5.2.0
改修バージョン
5.2.1
公開日
2014-07-16
更新日
2014-08-08

【準備】

  • システム設定画面で、メールアプリケーションを追加します。

    例:
    メールアプリケーション1

  • 運用管理画面で、メールアプリケーション1に、フォルダを追加します。

    例:
    フォルダ1

  • メールアプリケーション1で、2件以上メールを受信します。

    例:
    • メール1
    • メール2

  • メール2の格納フォルダを、フォルダ1に変更します。

    例:

    • メール1(フォルダ:[未分類])
    • メール2(フォルダ:フォルダ1)

  • フォルダの使用を停止します。

    補足:
    次の操作を行います。

    • [運用管理] > [メールアプリケーション1] > [フォルダ] > [フォルダの使用を停止する] > [はい]の順にクリックします。

     

【再現手順】

  1. [メールアプリケーション1] > [ファイル出力]の順にクリックします。

  2. メール1とメール2が該当するような「出力内容」や「出力条件」を指定し、[書き出す]をクリックします。

    例:
    ----------
    • 出力内容
      • 対象:受信メール
      • 期間:過去1ヶ月
    • 出力条件
      • メールを全て出力する
    • 出力項目
      • 件名
    ----------


→現象発生:
 メール2も「出力内容」や「出力条件」に該当するにもかかわらず、メール2(「[未分類]」フォルダ以外のメール)がCSVファイルに書き出されません。


【回避方法】

 

次のどちらかの方法で回避できます。

  • 運用管理画面で、フォルダを使用する設定にします。

  • 次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

    • バージョン 5.2.1 のメールワイズ

 

【対応方法】

 

「回避方法」と同じ手順です。

関連記事