001-008371

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

「組織/ユーザーの設定」画面でユーザー検索を行い「ユーザーの詳細」画面を表示すると、ページ送りが無効になる場合がある。

種別
不具合
機能
  • ユーザー
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
改修バージョン
4.0.0
公開日
2014-08-05
更新日
2014-12-05

【発生条件】

次の条件を満たす場合に発生します。

  • 「組織/ユーザーの設定」画面でユーザー検索を行ったとき、次のいずれかの状態となる。

    • 検索結果画面でクリックしたユーザーのユーザーIDが、[<<前へ]をクリックして表示されるユーザーのユーザーIDより小さい。

    • 検索結果画面でクリックしたユーザーのユーザーIDが、[次へ>>]をクリックして表示されるユーザーのユーザーIDより大きい。

補足:
上記の発生条件とは別に、次の条件をすべて満たす場合も同様の現象が発生します。

  • 次のいずれかのユーザー情報の項目で、「使用する」にチェックがついており、「公開する」のチェックがついていない。

    • ログイン名
    • よみ
    • E-mail
    • 役職


    ユーザー情報項目の変更は、次の画面で行います。
    「システム管理(基本システム) > ユーザー > ユーザー情報の項目」画面

  • 「組織/ユーザーの設定」画面で、上記項目の内容でユーザー検索を行う。

 

【準備】

  • 組織を追加します。

    例:
    組織1

  • 組織1にユーザーを追加します。

    例:
    -----------
    ユーザー1(uid=10)
    ユーザー2(uid=20)
    -----------

    補足:
    • ユーザーID(uid)とは、ユーザーを識別するために割り当てられた数字です。

    • ユーザーIDは、次の画面のURLで確認できます。
      「システム管理(基本システム) > ユーザー > 組織/ユーザーの設定 > ユーザーの詳細」画面

  • ユーザーの表示優先度を設定します。

    例:
    -----------
    ユーザー2(表示優先度:1)
    -----------

    補足:
    • 「ユーザー2」、「ユーザー1」の順に表示されます。

 

【再現手順】

  1. システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [ユーザー] > [組織/ユーザーの設定] > [組織1]の順にクリックします。

  2. 検索窓にユーザー名を入力し、[ユーザー検索]をクリックします。

    例:
    -----------
    検索文字列:ユーザー
    -----------

  3. 検索結果画面で[ユーザー1]をクリックします。

 

→現象発生:
 [<<前へ]をクリックできません。

 

→正しい結果:
 [<<前へ]がリンクの状態になり、クリックすると「ユーザー2」の詳細画面が表示されます。


次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 4.0.0のガルーン



------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2014/12/05 改修バージョンを設定しました。

関連記事