001-008396

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

認証データベースの追加画面でバリデーションエラーが発生すると、一部の入力内容が保持されない。

種別
不具合
機能
  • 認証
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
  • 4.6.2
  • 4.6.3
  • 4.10.0
  • 4.10.1
  • 4.10.2
  • 4.10.3
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.2
  • 5.5.0
  • 5.5.1
  • 5.9.0
  • 5.9.1
  • 5.9.2
改修バージョン
公開日
2016-10-11
更新日
2016-10-11

【再現手順】

  1. システム管理画面にログインし、[基本システムの管理] > [認証] > [認証データベース] > [認証データベースを追加する]の順にクリックします。

  2. 認証データベース形式に「LDAP」を選択し、[次へ]をクリックします。

  3. 「ポート番号」の値を変更します。

    例:
    「389」から「123」に変更します。

  4. 必須項目を空欄のままにして、[追加する]をクリックします。

 

→現象発生:
 「ポート番号」の値が「389」に戻ります。

 

補足:

  • 「認証データベースの変更」画面の「ポート番号」欄でも同様の現象が発生します。

  • バージョン 3.1.0~3.7.5のガルーンの場合、「認証データベースの追加」画面の「SSLの使用」欄でも同様の現象が発生します。

  • バージョン 3.1.0以降のガルーンの場合、「認証データベースの変更」画面の「SSLの使用」欄でも同様の現象が発生します

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事