016-008442

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

退避データの「検索履歴」画面で、「ごみ箱のメール」を検索すると、検索対象が未選択状態で表示される。

種別
不具合
機能
  • 検索
  • 過去データの退避
再現バージョン
  • 5.1.0
  • 5.1.1
  • 5.1.2
  • 5.1.3
  • 5.1.4
  • 5.2.0
  • 5.2.1
  • 5.3.0
  • 5.3.2
  • 5.4.0
  • 5.4.1
  • 5.4.5
  • 5.4.6
  • 5.4.7
改修バージョン
公開日
2015-10-30
更新日
2015-10-30

【準備】

  • メールスペースを追加します。

    例:
    メールスペース1

  • メールスペース1に、メールアプリケーションを追加します。

    例:
    メールアプリケーション1

  • メールアプリケーション1の「ごみ箱」にメールがある状態にします。

  • システム設定で、過去データの退避を実行します。

【再現手順】

  1. [メールスペース1] > [メールアプリケーション1] > [メール検索]の順にクリックします。

  2. 検索条件を指定し、[検索する]をクリックします。

    例:
    -------
    検索対象:「ごみ箱のメール」を選択する
    -------

  3. [過去のデータ]をクリックします。

  4. ドロップダウンリストで、日付のリンクをクリックします。

    例:
    • [~2015/6/30]をクリックします。

  5. [履歴を見る]をクリックします。

  6. 検索対象が「ごみ箱のメール」になっているデータの[検索する]をクリックします。

→現象発生:
 「メールの検索」画面で、検索対象が未選択状態で表示されます。

 

 例:

  • 受信メール:未選択
  • 送信メール:未選択
  • 送受信メール:未選択

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事