016-008450

パッケージ版 メールワイズ

関心あり
0人の方が関心を示しています。

CSVファイルへの書き出しで、前回選択した文字コードが保持されず、初期値の「シフトJIS」に戻る。

種別
不具合
機能
  • ファイル入出力
再現バージョン
  • 5.0.0
  • 5.0.1
  • 5.0.4
  • 5.0.5
  • 5.0.6
  • 5.1.0
  • 5.1.1
  • 5.1.2
  • 5.1.3
  • 5.1.4
  • 5.2.0
  • 5.2.1
  • 5.3.0
  • 5.3.2
  • 5.4.0
  • 5.4.1
  • 5.4.5
  • 5.4.6
  • 5.4.7
改修バージョン
公開日
2015-07-02
更新日
2015-07-02

【準備】

  • メールアプリケーションを追加します。

    例:
    メールアプリケーション1

  • メールアプリケーション1で、メールを受信します。

    例:
    メール1

【再現手順】

  1. [メールアプリケーション1] > [ファイル出力]の順にクリックします。

  2. 文字コードに初期値の「シフトJIS」以外を設定し、[書き出す]をクリックします。

    例:
    -------
    文字コード:UTF-8(BOMなし)
    -------

  3. 再度、[メールアプリケーション1] > [ファイル出力]の順にクリックします。

→現象発生:
 文字コードが初期値の「シフトJIS」に戻ります。

補足:

  • 文字コード以外の設定内容は保持されます。
    • 出力内容
    • 出力条件
    • 出力項目
    • その他の設定
      • 「先頭行に項目名を書き出す」のチェックボックスの選択

  • 次のアプリケーションのCSVファイルへの書き出しでも、同様の現象が発生します。
    • 電話履歴
    • 訪問履歴
    • アドレス帳
    • テンプレート

  • 次の画面でも、同様の現象が発生します。
    • 「一斉配信 > 配信情報の詳細 > エラー」画面
    • (システム設定)「全般 > ユーザーの設定」画面

本現象に対する有効な回避方法や対応方法はありません。

関連記事