001-008478

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

閲覧権限がないカテゴリーの申請フォームを使用して代理申請をする場合、下書きとして保存した申請を編集したあと申請すると、エラー(GRN_WRKF_25017)が発生して代理申請できない。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
改修バージョン
4.0.3
公開日
2015-06-18
更新日
2015-08-28

【発生条件】

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • カテゴリに閲覧権限がない申請フォームを使用して代理申請する。

  • 代理申請を下書き保存する。

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ワークフローに、カテゴリを追加します。

    例:
    カテゴリ1

  • カテゴリ1に、申請フォームを追加します。

    例:
    申請フォーム1

  • 申請フォーム1に経路を設定し、有効にします。

  • ユーザー1の代理申請者をユーザー2に設定します。

    補足:
    • 次の画面で設定します。
      • (システム管理画面)「ワークフロー > 代理人の設定 > 代理人の変更」画面

  • ワークフローの代理申請を許可します。

    補足:
    • 次の画面で設定します。
      • (システム管理画面)「ワークフロー > 一般設定」画面

  • ユーザー2がカテゴリ1を閲覧できないよう、カテゴリ1に対するアクセス権を設定します。

    例:
    -------------------------------
    セキュリティモデル: REVOKE(制限の対象を選択する)
    対象:ユーザー2
    アクセス権:閲覧権限なし
    -------------------------------

【再現手順】

  1. ユーザー2でアプリケーション画面にログインし、[ワークフロー] > [代理で申請する]の順にクリックします。

  2. 委任者に「ユーザー1」を選択し、[フォームを選択する >>]をクリックします。

  3. [カテゴリ1] > [申請フォーム1]の順にクリックします。

  4. 標題を入力し、[下書きとして保存する]をクリックします。

    例:
    -------------------------------
    標題:申請1
    -------------------------------

  5. [ワークフロー] > [下書き] > [申請1] > [下書きを編集する]の順にクリックします。

  6. [経路を設定する >>]をクリックします。

  7. 処理者を追加し、[内容を確認する >>]をクリックします。

  8. [代理申請する]をクリックします。

→現象発生:
 次のエラーが発生し、代理申請できません。
 -------------------------------
 エラー (GRN_WRKF_25017)
 指定された設定画面はアクセスできません。

 原因
 現在ログイン中のユーザーには、この機能に対してアクセスする権限がありません。
 -------------------------------


【回避方法】

下書き保存せずに、代理申請します。

------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2015/08/13 タイトルを修正しました。

関連記事