014-008518

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

メールの宛先入力でインクリメンタルサーチを利用する設定にしていると、切り取ったメールアドレスが宛先から削除されていない。

種別
不具合
機能
  • メール送信
再現バージョン
  • 10.1.0
  • 10.1.2
  • 10.2.0
改修バージョン
10.3.0
公開日
2014-12-10
更新日
2015-04-10

【発生条件】

 

次の条件をすべて満たす場合に発生します。

  • メールの宛先入力で、インクリメンタルサーチを利用する設定にしている。

  • 宛先欄(またはCC欄、BCC欄)のメールアドレスを、テキスト(白背景)の状態にしてから切り取る。

  • 宛先欄(またはCC欄、BCC欄)のメールアドレスを切り取った後、宛先欄(またはCC欄、BCC欄)でメールアドレスの入力や変更を行わない。

 

【準備】

  • システム設定のメールの「一般設定」画面で、次の設定を行います。

    • 宛先入力:「インクリメンタルサーチを利用する」のチェックボックスを選択する


【再現手順】

  1. [メール] > [メールを送る]の順にクリックします。

  2. 宛先欄(またはCC欄、BCC欄)に、メールアドレスを入力します。

    例:
    -------
    宛先:test1@cybozu.co.jp, test2@cybozu.co.jp
    -------

  3. 「test2@cybozu.co.jp」をダブルクリックし、テキスト(白背景)の状態にします。

  4. テキスト(白背景)の状態で、「test2@cybozu.co.jp」のメールアドレスを切り取ります。

    例:
    -------
    宛先:test1@cybozu.co.jp
    -------

  5. [送信する]をクリックします。


→現象発生:
 「メールの送信確認」画面で、宛先欄(またはCC欄、BCC欄)に、手順4で切り取ったメールアドレスが表示されています。

 

 例:
 -------
 宛先:test1@cybozu.co.jp, test2@cybozu.co.jp
 -------

 

補足:

  • 現象発生後、[送信する]をクリックすると、宛先欄(またはCC欄、BCC欄)に「test2@cybozu.co.jp」が入力された状態でメールが送信されてしまいます。

【回避方法】

次のいずれかの方法で回避できます。

  • メールの宛先入力で、インクリメンタルサーチを利用しない設定にします。

  • 手順3と手順4で、「×」をクリックし、宛先欄(またはCC欄、BCC欄)のメールアドレスを削除します。

  • バージョン 10.2.0以降のサイボウズ Officeの場合は、ドラッグアンドドロップを使用して宛先を移動します。

  • 手順4の後、宛先欄(またはCC欄、BCC欄)に文字列を入力し削除する操作を行ってから、[送信する]をクリックします。

  • 次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
    • バージョン 10.3.0のサイボウズ Office

関連記事