001-008543

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

[CyVDB-659][Windows版の現象]スケジューリングサービスのハンドルが解放されない場合がある。

種別
脆弱性
機能
  • システム設定
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
改修バージョン
4.0.1
公開日
2015-02-13
更新日
2015-02-13

 【再現手順】

  1. システム管理画面にログインし、[各アプリケーションの管理] > [メール] > [一般設定]の順にクリックします。

  2. 「メールの自動受信」欄で、「設定する」を選択します。

  3. 「自動受信の指定時間」欄で、5分ごとにメールを自動受信するように時間を設定します。

  4. スケジューリングサービス(sched.exe)のハンドル数を監視します。


→現象発生:
 スケジューリングサービスのハンドルが解放されず、ハンドル数が増加していきます。

 

補足:

  • クラスタソフトウェア等の監視ツールを導入している環境では、ハンドル数の閾値を超え、フェイルオーバーなどを引き起こす可能性があります。

 

----------

脆弱性タイプ:

  • リソース管理の問題

脆弱性の基本評価:

  • 攻撃元区分(AV):ネットワーク
  • 攻撃条件の複雑さ(AC):高
  • 攻撃前の認証要否(Au):単一 (攻撃前に認証(ログイン等)が必要である)
  • 機密性への影響(C):なし
  • 完全性への影響(I):なし
  • 可用性への影響(A):部分的(業務の遅延や一時中断が可能である)


CVSS基本値:

  • 2.1(レベルⅠ)

補足:

脆弱性の評価については共通脆弱性評価システム「CVSS v2」を利用しています。
http://www.ipa.go.jp/security/vuln/CVSS.html


【回避方法】

 

次のいずれかの方法で回避できます。

  • 次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
    • バージョン 4.0.1のガルーン

  • 定期的にスケジューリングサービスを再起動します。

    【ガルーン 3】よくあるご質問:
    「ガルーン 3」で利用しているサービスの停止/起動はどのように行なうのですか?
    https://faq.cybozu.info/alphascope/cybozu/web/garoon3/Detail.aspx?id=961

  • クラスタソフトウェア等の監視ツールで、閾値の設定を変更します。

関連記事