001-008599

パッケージ版 Garoon

Content-Typeがtext/htmlのメールに返信するとき、受信メールの本文が引用されない場合がある。

           
種別
不具合
機能
  • メール
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
  • 4.0.1
  • 4.0.2
  • 4.0.3
  • 4.2.0
  • 4.2.1
  • 4.2.2
  • 4.2.3
  • 4.2.4
  • 4.2.5
  • 4.2.6
  • 4.6.0
  • 4.6.1
改修バージョン
4.6.2
公開日
2015-02-12
更新日
2018-02-23

【発生条件】

次の条件を満たすメールを受信すると、現象が発生する場合があります。

  • Content-Typeにtext/htmlが指定されている。

    例:
    —————————
    Return-Path: user1@xxxxx.co.jp
    Received: from xxxxx by xxxxx ; Mon, 01 Jan 20xx 00:00:00 +0900
    Date: Mon, 01 Jan 20xx 00:00:00 +0900
    Subject: Sample_Mail
    From: user1@xxxxx.co.jp
    To: user2@xxxxx.co.jp
    Message-Id: <12345678901234567890123457890@xxxxx.co.jp>
    X-Mailer: xxxxxxxxxx
    mime-version: 1.0
    Content-Type: text/html; charset=ISO-2022-JP
    Content-Transfer-Encoding: 7bit

    <html>
    <body>
    <font color="#66cc66">SampleText</font>
    </body>
    </html>
    —————————

【再現手順】

  1. システム管理画面にログインし、次の操作を行います。

    バージョン 4.0.3以前のGaroonの場合:
    • [各アプリケーションの管理] > [メール] > [ユーザーの権限]の順にクリックします。

    バージョン 4.2.0以降のGaroonの場合:
    • [各アプリケーションの管理] > [メール] > [一般設定]の順にクリックします。

  2. 「HTMLメール送信機能」を「許可しない」に設定し、[変更する]をクリックします。

  3. 「発生条件」を満たすメールを受信します。

  4. アプリケーション画面にログインし、[メール] > [受信箱]の順にクリックします。

  5. 手順3で受信したメールの標題をクリックし、[返信する]をクリックします。


→現象発生:
 受信したメールの本文が引用されません。

補足:

  • 全員に返信、または転送した場合も、同様の現象が発生します。

  • バージョン 3.5.X以前のGaroonでは、HTMLメール送信機能の設定に関係なく、本現象が発生します。

【回避方法】

バージョン 3.7.0以降のGaroonの場合は、システム管理画面で、HTMLメール送信機能を「許可する」に設定することで回避できます。

 

補足:

  • バージョン 3.5.X以前のGaroonの場合は、上記の手順では回避できません。
    本現象を改修した、バージョン 4.6.2のGaroonへのバージョンアップを検討してください。

 


------------------------------------------------------------
【更新履歴】

2015/11/27 手順を更新しました。

関連記事