001-008636

パッケージ版 Garoon

関心あり
0人の方が関心を示しています。

承認者が申請の項目の値を変更し、エラーが発生すると、編集した項目の値が元に戻る場合がある。

種別
不具合
機能
  • ワークフロー
再現バージョン
  • 3.0.0
  • 3.0.1
  • 3.0.2
  • 3.0.3
  • 3.1.0
  • 3.1.1
  • 3.1.2
  • 3.1.3
  • 3.5.0
  • 3.5.1
  • 3.5.2
  • 3.5.3
  • 3.5.4
  • 3.5.5
  • 3.7.0
  • 3.7.1
  • 3.7.2
  • 3.7.3
  • 3.7.4
  • 3.7.5
  • 4.0.0
改修バージョン
4.0.1
公開日
2015-01-16
更新日
2015-02-20

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ワークフローにカテゴリを追加します。

    例:
    カテゴリ1

  • カテゴリ1に申請フォームを追加します。

    例:
    申請フォーム1

  • 申請フォーム1に項目のアクセス権が設定可能な項目を2つ以上設定し、1つを必須項目に設定します。

    例:
    ---------------
    タイプ:文字列(1行)
    項目名:項目1
    項目の条件:必須項目にする

    タイプ:文字列(複数行)
    項目名:項目2
    ---------------

  • 申請フォーム1に承認経路を設定し、有効にします。

    例:
    ---------------
    経路ステップ名:承認経路1
    ---------------

  • 項目1、項目2を承認ステップで編集できるようにアクセス権を設定します。

    補足:
    • 「システム管理(各アプリケーション) > ワークフロー > 申請フォームの一覧 > 申請フォームの詳細 > 項目のアクセス権の設定」画面で、承認経路1の編集項目にチェックを入れます。

  • 申請フォームを有効にします。

  • ユーザー1でアプリケーション画面にログインし、申請フォームを申請します。

    例:
    ---------------
    申請者:ユーザー1
    標題:申請1
    承認経路1の処理者:ユーザー2
    ---------------


【再現手順】

  1. ユーザー2でアプリケーション画面にログインし、[ワークフロー] > [申請1]の順にクリックします。

  2. 「項目1」を空欄にし、「項目2」に文字を入力します。

    例:
    ---------------
    項目1:
    項目2:テスト
    ---------------

  3. [承認する]をクリックします。

→現象発生:
 「項目1は必須項目です」というバリデーションエラーが発生し、「項目2」に入力した文字が消え、元に戻ります。

→正しい結果:
 「項目1は必須項目です」というバリデーションエラーが発生した場合でも、「項目2」に入力した文字は消えず、元に戻りません。

補足:

  • バージョン 4.0.0のガルーンでは、次の手順を行った場合に現象が発生します。

    • 「ファイル一括添付」を無効に設定するか、Adobe Flash PlayerがインストールされていないInternet Explorer 8または9を利用する。
      ※「ファイル一括添付」は「システム管理(基本システム) > ファイル > 一般設定」画面で設定します。

    • 上記ブラウザを利用して、承認者が編集可能な添付ファイル項目がある申請を、必須項目が空欄のまま承認する。

【回避方法】

次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。

  • バージョン 4.0.1のガルーン

 

------------------------------------------------------------
【更新履歴】
2015/02/06 タイトルおよび現象を更新しました。

関連記事