014-008642

パッケージ版 サイボウズ Office

関心あり
0人の方が関心を示しています。

BackspaceキーまたはWebブラウザーの[戻る]ボタンをクリックしてレコードを処理すると、処理者の表示が不正になる場合がある。

種別
不具合
機能
  • カスタムアプリ
再現バージョン
  • 9.1.0
  • 9.2.0
  • 9.2.1
  • 9.3.0
  • 9.3.1
  • 9.3.2
  • 9.3.3
  • 10.0.0
  • 10.0.1
  • 10.0.2
  • 10.1.0
  • 10.1.2
  • 10.2.0
改修バージョン
10.3.0
公開日
2015-01-30
更新日
2015-04-10

【準備】

  • ユーザーを追加します。

    例:
    • ユーザー1
    • ユーザー2

  • ステータス管理機能が有効なアプリを追加します。

    例:
    --------
    アプリ名:アプリ1
    メンバー:ユーザー1、ユーザー2
    --------

  • 処理者にユーザー1を指定したレコードを登録します。

    例:
    --------
    処理者:ユーザー1
    状況:未着手
    --------

 

【再現手順】

  1. ユーザー1でログインし、[カスタムアプリ] > [アプリ1]の順にクリックします。

  2. レコード1の[レコードを閲覧する]アイコンをクリックします。

  3. [→処理する]をクリックします。

  4. 処理者をユーザー2に変更します。

    例:
    --------
    変更前:
    • 状況:未着手
    • 処理者:ユーザー1
    変更後:
    • 状況:作業中
    • 処理者:ユーザー2
    --------

  5. [処理する]をクリックします。

  6. BackspaceキーまたはWebブラウザーの[戻る]ボタンをクリックします。

  7. 画面を更新します。

  8. 状況を変更します。

    例:
    --------
    変更前:
    • 状況:作業中
    • 処理者:ユーザー2
    変更後:
    • 状況:完了
    • 処理者:ユーザー2
    --------

  9. [処理する]をクリックします。

  10. [カスタムアプリ] > [アプリ1]の順にクリックします。

  11. レコード1の[レコードを閲覧する]アイコンをクリックします。

  12. [コメント一覧]タブをクリックします。

 

→現象発生:
 コメント一覧で、状況を変更した処理者として、ユーザー1ではなくユーザー2が表示されます。

 例:
 --------
 ユーザー2 2015/4/1(水) 12:00
 処理者:ユーザー2  状況:完了
 --------

 

補足:

  • 次の画面でも、同様の現象が発生します。

    • レコードの進行状況

      例:
      --------
      日時:2015/4/1(水) 12:00
      名前:ユーザー2
      状況:作業中
      --------

    • アプリ1の発信履歴

      例:
      --------
      名前:ユーザー2(作業中)→ユーザー2(完了)
      日時:12:00
      --------

  • 手順8で状況の値を変更(または画面を更新)し、コメントを入力した場合も同様の現象が発生しますが、現象発生後、ユーザー1以外のユーザーでログインし、コメントの[返信する]をクリックすると、宛先指定欄に正しいユーザー名(ユーザー1)が表示されます。

【回避方法】

 

次のどちらかの方法で回避できます。

  • 手順5で[処理する]をクリックした後、BackspaceキーまたはWebブラウザーの[戻る]ボタンをクリックしないようにします。

  • 次のバージョンの製品で本現象を改修しています。バージョンアップを検討してください。
    • バージョン 10.3.0のサイボウズ Office

関連記事